ボトックスについて知ってキレイを手に入れよう!

施術の流れを確認しよう

看護師

ボトックス施術の流れ

ボトックスは、シワ取りや小顔形成、脚痩せ、ワキガや多汗症の改善も全て、注射ひとつで施術します。施術の流れはほとんど一緒になります。施術後の副作用や痛みなどが起こる可能性は低く、比較的安全な美容術とされています。

1.カウンセリング

まずは、カウンセリングを通して、患者さんの悩みやコンプレックスを聞き、理想の完成像を明確にします。例えば小顔形成の場合だと、原因は筋肉が発達しているせいなのか、ボトックスによる施術で改善できるのかを見極め、どこの筋肉が発達しているのか、などの患者さんの状況を把握します。施術後にどのような仕上がりになるかを確認することができたら、ボトックスを注入する量が決まります。

2.施術

カウンセリングが終わって、注入するボトックスの量が決まったら施術に移ります。ボトックスの施術には、とても細い針が使用されます。痛みは我慢できる程度ですが、注射が苦手な人や痛みに弱い人は、塗布するタイプの麻酔を使用して痛みを和らげてもらうといいでしょう。施術部位や、注入箇所、量などによって左右されますが、施術にかかる時間は5~10分が平均です。とても短時間で施術が終わります。

3.帰宅

施術後は注射痕がありますが、目立たないですし、注射による傷はすぐ治ります。肌に赤みが出ることがありますが、患部を冷やすことで赤みは抑えられます。また、腫れや内出血が見られた場合でも、帰宅する頃にはメイクで隠すことができます。施術が終わってしまえば、すぐにメイクをすることが可能です。帰宅後は普段通りに入浴もできます。

Copyright© 2019 ボトックスについて知ってキレイを手に入れよう! All Rights Reserved.