ボトックスについて知ってキレイを手に入れよう!

ボトックス施術の注意点!

医者と看護師

通院は必要ない!

ボトックスによる施術は、ダウンタイムや抜糸などの必要がないので、基本的に通院の必要がありません。数か月に一度のメンテナンスで効果が維持されていきます。しかし、施術した部位によっては、経過に注意する必要があります。

ボトックスの施術直後の注意点!

ボトックス注射を受けた施術の後に、気を付けたいポイントを紹介します。まずは、施術を受けてすぐに、ボトックス注射を打った患部を強く擦ったり、マッサージすることはNGです。せっかく注入したボトックスが、広がってしまったり、周りに漏れてしまうと仕上がりが崩れてしまい、希望通りの仕上がりにならなくなってしまいます。また、施術後の飲酒も控えましょう。飲酒は血流が良くなるため、内出血のリスクを高めてしまいます。飲酒は、翌日からであれば、内出血のリスクは下がりますが、効果を維持したい方は1週間ほどお酒は控えた方が良いですね。さらに、長時間の熱いお風呂やサウナも血流を良くすることから控えたほうがいいとされています。脚にボトックスを注入した場合、日常生活に支障はありませんが、施術から数日間は違和感を覚えると思います。そのため、過度な運動は控えましょう。全体的に、施術から1週間前後はゆったりと間を空けておくのがいいでしょう。

経過に注意して!

特に経過に注意したいのは、エラと脚です。筋肉の働きを弱めるボトックスを注入していても、筋肉は鍛えれば鍛えるだけ成長します。ボトックスを注入した部位の筋肉を鍛えてしまうと、せっかく注入したボトックスの効果が、はやく体内に吸収されてしまいます。ですから、エラにボトックスを注入した方は、硬いものやガムを噛むことはできるだけ控えるようにして下さい。脚でも同じことが言えます。激しい運動をしてしまうと、ボトックスが早く体内に吸収されてしまい効果がなくなってしまいますので、軽いストレッチくらいにしましょう。

Copyright© 2019 ボトックスについて知ってキレイを手に入れよう! All Rights Reserved.